看護師が復職に向けてやっておきたいこと

看護師は、十分な体力や専門的なスキルが求められることや、勤務時間が日によって異なることなどから、復職が難しい職種の一つとして知られています。特に、病棟などの夜勤や宿直の回数が多い現場で働いている看護師の中には、結婚や出産を機に退職を決意する人も少なくありません。そうした中、看護師が復職後にブランクを埋めるためには、女性の医療スタッフが活躍している病院やクリニックに目を向けて、復職に対する理解がある職場を見つけることが何よりも大切です。若手からベテランまで多くの女性スタッフが在籍している医療機関の中には、都合の良いタイミングで復職ができるシステムを採用しているところも多くあります。

また、人材不足の問題を解決する取り組みとして、長期のブランクに悩む復職者を対象に日々の看護業務に役立つ研修を継続的に実施したり、実際に復職を果たした看護師がフォローに回ったりしている医療現場も増えています。なお、復職をする前に時間的な余裕がある時には、各地の医療機関や研修施設などで医療従事者を対象に行われている医療看護に関するセミナーや学会などに参加をして、最新の医療現場における事情を把握しておくのも有効です。その他、ブランクを経て元の職場に復帰をしたい人は、休職中も職場内の上司や同僚のスタッフとこまめに連絡を取り合ったり、復職を希望するタイミングについて人事担当者と話し合ったりすることが重要となります。
このように、事前に準備をしておくことで看護師としての安心のリスタートを切れるでしょう。