ブランクを持つ看護師が復職する際の注意点

慢性的な人手不足に悩まされる医療現場では、看護師の復職が歓迎されるといえるでしょう。一旦定年退職したプラチナナースや、看護師資格を持ちながら出産や子育てなどで現場から離れていた潜在看護師などの復職が望まれています。実際に、保育園や障がい者支援施設などでは、多くの復職看護師が活躍しています。ただし、医療現場を離れてからブランクのある看護師は、復職する前に注意すべきポイントがあります。まず、現場の医療技術は日進月歩なので、病棟勤務を希望する場合には自分が身につけたスキルが現場で生かせるレベルであるかどうか確認しなければなりません。数年程度のブランクであれば、復職後に現場で働きながら同僚から少しずつ学んでいけば良いでしょう。

しかしながら、ブランクが長期間にわたった場合には、現場復帰する前に身につけたスキルを再確認した上で最新の医療技術を習得する必要があります。復習は自分でもできますが、独力で最新の医療技術を学ぶことは容易ではありません。そこで、再就業支援研修を受けてから復職することが望ましいでしょう。再就業支援研修では、基本的な医療スキルのシミュレーションを体験した後、医療機関の実習で最新の医療技術を学ぶことができます。この研修は4日間ほどの短期間で、プラチナナースも潜在看護師も受けられます。様々な年齢層の受講生が机を並べて楽しく医療技術を学べる場なのです。こうした研修を受講すれば病棟勤務に就いても、自信を持って業務を遂行できるでしょう。